バイナリーオプション海外

FXとロスカット
FXの最大の魅力はレバレッジをかけることによって、少額の資金でしかも短期間で大きな額の取引を行なうことができることだと思います。

当然、レバレッジをあげることによってリスクも一層あがりますが、FXでは強制ロスカットにされることにより、最悪のケースでも自分の資金以上のマイナスを出すとこはありません。

よって、余裕資金で取引を行なえば、大きな利益を上げる可能性があるFXというのは大きな可能性をもった投資手段であると思います。


rwreg
ナンピンを理解する


FXなどの相場を利用した投資取引で使われる投資の手法に、ナンピンというものがあります。
これは、江戸時代の米の取引の相場の頃から使われている投資手法で、そう言った意味では広く浸透しているものになります。ナンピンという呼び名は難平という字を書き、難を平らにすることを目的としています。

ナンピンは、ある種のリスク回避法とも呼べる効果を持ち、その手法は注文を立てて保持をした通貨の、その価値が下がれば下がるほど、その通貨を買い増ししていくというスタイルになっています。
普通に考えれば、価値が下がれば下がるほどに買い増しをしていくことは、リスクが高まっていくのですが、難平ではあえてそれを行っていき、そのかわり、その通貨の平均取得額を下げ行くことを目的としているのです。

例えば、現在1ドル100円のドルがあり、このドルを100万円出して1万ドル分買ったとします。この時点では、ドルの平均取得価格は100円になります。
このドルの為替レートが変動し1ドルが90円になった場合、これにより含み損が発生して、1万ドルは90万円の価値になってしまいます。
この時点で損失を取り戻そうとするのであれば、為替レートが100円に戻らなくてはなりません。

しかし、ナンピンの投資手法を使うことにより、この状況を変化させることができます。90円になったドルを、さらに1万ドル分買い増しするのです。トータルで計算をすると、2万ドルを190万円で買ったことになります。
これにより、ドルの平均取得価格は100円と90円の間の95円になるために、為替レートが95円にまで戻れば含み損が無くなり、もし100円にまで戻れば5円の含み益を見込むことができるのです。

このようにして、ナンピンを利用することで平均取得額を引き上げ、利益に転じることができるラインを戻していくことができます。

しかし、このナンピンには弱点があります。一見するとリスクが回避できているようにも思えるのですが、実際は価値が下がっている通貨に対して、どんどんと買い増しをしている状況になりますので、実際には大変にリスクの高い状態に陥っているのです。

先の例で言えば、100円にドルが戻らず、90円から80円に下がっていったらどうでしょうか。この時点で持っている2万ドルの価値は160万円になっています。ここまでの投資金額は190万円ですので、30万円の含み損をしていることになります。
更にナンピンを用い、1万ドルを買い足して3万ドルで270万円とし、平均取得価格を90円にまで引き上げることもできますが、投資金額と含み損が広がっていけば、その損害は甚大なものへと変わっていきます。

こうした事から、投資手法としてナンピンを使うことは適切とは言えないでしょう。
大前提として、ナンピンをする必要があるということは、すでに予測を超えた損失を抱えていることですので、平均取得価格を押し上げて逃げ回るような投資をするよりは、その時点で損切りを行い、リスクを根本から断つことが先決になるのです。



All Rights Reserved at バイナリーオプション海外.com